投稿

祝辞)TRYFULLの二期生をお迎えして

イメージ
祝辞 新入生のみなさん、入学おめでとう。  我が国では、昨年の7月、相模原で、何の罪も無い無抵抗の障害者の方々、19名が犠牲になり、多くの方々が深い傷を負う凄惨な事件が起こりました。皆様の中にも、この報道に接して、途方に暮れた方がいたかもしれません。  この事件以来、「命の尊さ」について、子どもたちに話す機会が増えました。  この事件の根底には、様々な経緯や特別な事情が絡み合っていると思います。私が献花した際、正門の前で首を掻き切る仕草をした若者が写真を撮っていました。人の心の中には、残念なことに「優生思想」があることが知られています。「生きる価値がある人、価値がない人」、「頭の良い人、悪い人」、「役に立つ人、立たない人」という偏った考え方で人を捉え、命に優劣をつける思想です。  連れて行った長女は、それを見て泣きました。彼女の心に本来の人間が持つ、優しい心、「正義」が宿った瞬間だったと思います。私は父として自分自身と向き合いました。私は,相模原の事件を「特別な変質者による犯行」として、風化させたくありません。むしろ、私の心にもあるかもしれない誤った考え方と向き合っていくことだと考えています。  容疑者は、津久井やまゆり園に入職してから,全身に入れ墨をしました。麻薬を使っていることを薄々分かっていた職員がいたかもしれません。その恐ろしく変化していく心を感じ、それを受け止め、真摯に立ち向かったか。筋の通った態度をとったか。この仕事に携わる一人として、他人事ではありません。職員の皆さんの葛藤を考えると,深く同情します。  私たちたすくのスタッフが、毎日読み込んでいる、たすくナビゲーターの中の一節です。 「我々が生命を託したこの美しい地球、この美しい国、これに何か記念物を遺して逝きたい。  では、我々が後世に遺せる最大の遺物は何か。それは勇ましい高尚なる生涯である。  この世の中が希望の世の中であるという考えを、われわれの生涯に実行して、その生涯を世の中への贈り物としてこの世を去ろうということである。」  内村鑑三「後世への最大遺物(岩波文庫)~高尚なる生涯~より」
S.K.さん、真っ直ぐな君とご一緒できること、誇りに思っています。 O.M.さん、王子様を何年もかかって口説きました。ずっと一緒にいたかった。うれしい。 F.Y.さん、グループの旗印。先生たちは、君と一緒に育ちました。ありがとう。 H…

新しいスタッフを迎える準備!

イメージ
恒例のスタッフを迎える準備に日曜日を使っています。

メールやネットの設定、パソコン設定、地方の子も多いので住居の設定(代表なので連帯保証人の署名)等々。
でも、やはり大事なのはメッセージですね。
たすくを選んでくれたんだから、一人一人の顔を思い浮かべながら、考えます。

今年はこんなことを考えています。

1. やっぱり、たすくと言えば臨床事例研究、キーワードは「ソフトサイン」 
 予防医学に通じますが、ソフトサインを見つけよう。例えば、ワーキングメモリの課題がある人の中に、「まばたき」と相関がある人を見つけた。「まばたき」はメモリを一時的にクリアするシグナルなのかもしれない。「まばたき」で警告し、「まばたき」を教えることで困難を改善できるかもしれない。それがソフトサイン。

2. やっぱり、TASUCの名に込められた一貫性と継続性、今年のキーワードは「遊び」
 早期の保護者を支援しよう。精神的虐待は専門家が道筋を示さないからに他ならない。一貫性と継続性のある支援体勢をもつ組織を背景に、先の見通しが立てばどんな困難だって立ち向かえる。そこでは身体をとおした臨床が有効だ。子どもと直に触れ、子どもも親と直に触れる「遊び」をとおした関わりは、松井、松永、徳永の3人は,抜群に上手い!まさに遊びのプロだ。

3. やっぱり、近くに教室をつくろう
 近くに教室をつくろう。発達障がいのある人とそのご家族は,日常的に不便を感じている。効率を考えたら,センター的な機能が良いのは分かっていても、ドンドン広げてその不便さを解決してあげたい。それには、教室長ができるリーダー、人財が必要だ、しっかりとした精神構造で社会人の第一歩を踏み出して欲しい。遠慮は無用だ。3年後には「教室長」を伝統にする。

新人スタッフへ、
 これからが努力の日々だ。君の未来は前途洋々、直角に飛び続け、この際、一緒に宇宙まで飛んでっちゃおう!

交流校のミラル学校(韓国)に祝辞の寄稿

イメージ
創立20周年を迎えた交流校のミラル学校(韓国)へ、お祝いの言葉を寄稿しました。
ミラル学校の創立20周年を迎えられますことに、心から御祝を申し上げます。  私は、日本で、国立特別支援教育総合研究所に研修員として勤めた後、「TASUC」という療育専門の機関を起業し、学校の教職員に向けた専門コンサルタントや放課後支援を中心に事業を行っております。韓日の交流において、ミラル学校の皆様には並々ならぬご恩をいただいております。  我が国では、昨年の7月、相模原で、何の罪も無い無抵抗の障害者の方々、19名が犠牲になり、多くの方々が深い傷を負う凄惨な事件が起こりました。韓国の皆様の中にも、この報道に接して、途方に暮れた方がいたかもしれません。  この事件以来、「命の尊さ」について、子どもたちに話す機会が増えました。  この事件の根底には、様々な経緯や特別な事情が絡み合っていると思います。その一つとして、「優生思想」が考えられます。「生きる価値がある人、価値がない人」、「頭の良い人、悪い人」、「役に立つ人、立たない人」という偏った考え方で人を捉え、命に優劣をつける思想です。  私は,相模原の事件を「特別な考え方をもつ変質者による犯行」として、風化させてはならないと思っています。むしろ、私の心にもあるかもしれない誤った思想と向き合っていくことだと考えています。  日本の福祉の実践者である糸賀一雄先生は、次のような言葉を残しています。 「この子らはどんな重い障害をもっていても、誰と取り替えることもできない個性的な自己実現をしているものである。人間と生まれて、その人なりに人間となっていくのである。その自己実現こそが創造であり、生産である。
 私たちの願いは、重症な障害をもったこの子たちも立派な生産者であるということを、認め合える社会をつくろうということである。『この子らに世の光を』あててやろうという哀れみの政策を求めているのではなく、この子らが自ら輝く素材そのものであるから、いよいよ磨きをかけて輝かそうというのである。『この子らを世の光に』である。
 この子らが、生まれながらにしてもっている人格発達の権利を徹底的に保障せねばならぬということなのである」  (「糸賀一雄著作集III」より)
 皆様、これからも私たちは、子どもたちへの「愛」をもって生き、その上で交流を進め、韓日の絆と、世界平和の実現に向けて、強…

<早稲田大学の講義最終日に寄せて>19人殺傷,私たちの手で暗黙知を形式知へ
 〜忘れるな20160726

そろそろ忘れろ!と言われそうですが、そりゃ無理な話です。
人生は続きますし、日常は進んでいきますが、ブログはどうしても振り返りが中心になります。
私は、夏休みに現場に行ってきましたが、その時のメモは以下のとおりです。

<津久井やまゆり園に献花に行ってメモ>
もうこんな所には住みたくない,殺されるのは嫌だ,という力が左肩に乗った。
自由と平等と安全の地域生活の仕組みを「たすく」の総力で築く。
結論は「教育」だ。教育によって,
隔離する環境を不必要にすれば良い。なかなかシンプルでよくまとまっていますが、
もう少し、整理が必要です。
今日は早稲田の講義、最終日だったので、学生へのメッセージとしてまとめてみました。<存在そのものが尊いという思想> 相模原の事件以降,気持ちが落ち着きません。 何が強行の引き金になったのか。植松被告の精神鑑定が続いています。 私たちの赤ん坊は、通常、何にもできません。何もできない。100%してもらう存在です。 乳幼児期に、<在ること>、すなわち、何もできないけど<在って良いんだ>、100%してもらう体験を繰り返し、自分は生きていて良い存在なんだ。ということを学習していくと言えるのではないでしょうか。 すなわち私たちは、Be<在ること>を基盤にして、Do<すること>を積み重ねていく存在であると言うことができるのではないでしょうか。 つまり、乳児期にすり込まれる<在ること>こそ、本来、最も重要とされることと言うことができると考えるのです。 それでは、障害があること、他者との違いを尊重しながらも,真に<在ること>認め合う存在として向き合うにはどうしたら良いのでしょうか? 植松容疑者には、どうせ頑張ったって、無駄なんだというファクターがあったのでは無いか?そう思った経緯があったはず。 そしておそらくエディプスコンプレックスなどの背景から、父親と同じ職業に就けなかったことに絶望し,でも自分なりの自己実現のために試みたabilityを障害者に実行できず・・,誰とも共有できない状況にまで追い込まれた体験は誰にでもあるかもしれない・・・。 あの人(今回は障がい者)さえ居なければ良いのに,自分の<あること>を否定されるという憎悪,彼らが僕の<在ること>を否定しているんだという思い込み、悍ましき勘違い。 さらに植松容疑者は辞めた日と措置入院になった日が一緒だったと聞いています。自…

2016年を忘れない

イメージ
2016年は、忘れられない年になりました。
相模原事件の起こった7月26日は、僕にとっては屈辱の日です。
これから先も一生忘れません。

どんなことがあっても、二度とこんなことは繰り返してはなりません。
大きな改革が必要です。閉鎖された環境は、無くさなければなりません。僕の信念です。

必要なのは、天地人です。
何事にも不平不満を漏らさず、全部自分事で進みます。

良いことがたくさんありました。今年は、夢のキャリア実習ができました。


18歳の高校出たての子供たちが、メーカーズシャツ鎌倉の
鎌倉本店で実習ができました。
貞末会長をはじめ、小野店長ら、多くの方からの支えがありました。


「夜。俺は独り目覚めている。」作家,中島敦 悟浄歎異より

韓国のデモのまっただ中で,視察研修を終えました。
韓国の人は,政治に熱いなと,みんな感じたと言っています。

視察では,優れた所を紹介して頂くのが常です。それは我が国に外国からお客様が訪問された時も同じです。今回も,素晴らしい所ばかりでした。

トランプ次期大統領になりましたが,オバマ大統領のような感じでは無いことは明確です。「活性化」という意味では好転しそうですが,TPP反対をはじめ,アメリカが内向きになるという戦前を思わせる状況はゾッとします。歴史は繰り返すのでしょうか。

私たちは,大変な戦争を体験した人たちの孫かひ孫であり,私は職業軍人(海軍)の内孫です。様々な体験を祖父にも祖母にも聞かされて育ちました。戦後は復興に大変だったわけですから,孫世代が聞いた祖父,祖母の言葉は,貴重だと思っています。

いずれあの世で,祖父祖母,父など,先に逝った者と再会を果たしたときに,「おう!」と言ってもらうためには,平和を願う日本人の姿を貫けたかどうかにかかっています。

さて,
中島敦という作家をご存じだろうか。明治大正昭和と生きた祖父と同じ世代の作家である。なじみ深い,西遊記を題材にして,いくつかの短編を遺した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/中島敦

この時代の作家たちの思いを,もう一度,思い出すことをお薦めしたい。
時代が何かにているような気さえしてきた。

ただし,一つだけ誓いたいことがある。
内向きにならない努力だ。
一人一人が担うのであろう「使命」を客観的に見つめ直し,
世界平和への貢献という基準をもって,日々をしっかり生きていく。

中島敦の語る,沙悟浄のように,私たちは葛藤しながら,
私は私なりの花を咲かせようと,日々生きていくのだろう。
私は私なりの支援の輪を広げるという使命を胸に,
「夜。俺おれは独ひとり目覚めている。」中島敦 悟浄歎異より
http://www.aozora.gr.jp/cards/000119/files/617_14530.html

皆さんと共に,また今日も一日,がんばろう!

風化させない 〜相模原障害者殺傷事件

イメージ
現代思想(青木社)より「相模原障害者殺傷事件」に関する緊急特集が出版されました。 熊谷晋一郎氏をはじめ,多くの識者が登場します。少なくとも文章を読むことで,落ち着きますので,お薦めします。http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=2976
また,神奈川新聞が,必死になって事件を風化させないよう,記事を継続しています。 神奈川県で起こったことですから,このまま風化させないでほしいと思います。
私は,いろいろあったので,あまり政治のことは書きたくありませんが, 今回は「全部自分事」だけで済まされることでは,無いのかもしれません。
神奈川新聞報道部 御中
http://www.kanaloco.jp/article/206056 相模原殺傷事件が風化されそうになっている時 また,大口の病院に関する事件もあり,神奈川新聞の存在がクローズアップされております。 私も,シンポジウムや講演をとおして,発言をする立場にありますが, 津久井やまゆり園に関しては,私自身が複数回,訪問し,職員のチームワークの改善に取り組む機会もありましたので,とても他人事ではありません。 また,多くの入所施設従事体験者は,被告の行動や言動が,不可解ではありません。 私に関しては,被告がマイナスに向けたエネルギーを,周囲の先輩のお力添えでプラスに変えたという表現が正しいと思います。今でも,入所施設での体験が私の原動力であり,仕事なのです。
土日は,日本知的障害者福祉協会という組織がありまして,そこの人材育成専門委員のセミナーを主催しました。まさに,職場改善のためのワークショップだったのですが,全国の現場の多くが,危機感を募らせてはおらず,むしろ「ポワン」としているような感じではありますが,どこか例年と違う真剣さもあり,ホッとしたところです。
缶詰でしたので,今朝まで,新聞が読めなかったのですが,論説特報に,グループホームの建設断念の記事。インパクトありますね。 弊社は,行政の示したグループホームの基準など相手にせず,スウェーデン式と言われているような重度の知的障害のある方の住まいの理想ホーム建設に向けて,積水ハウスと検討するなど,着々と動いております。 今回の論説特報は,土地のオーナーが神奈川県立こども医療センターの佐々木Dr.で,運営者が,少なくとも横浜では実績の多大な(社)同…