投稿

ASD・自閉スペクトラム症に対する有効な療育プログラム

イメージ
もう20年も前になる。  当時は自閉スペクトラム症(以下ASD)への強い課題意識が、福祉や療育分野に続いて教育でも生じており、オゾノフら(1998)のような,ASDに対して有効な療育プログラム共通する特徴(1.構造化された行動療法的で教育的なアプローチをとっていること、2.プログラムを家庭でも実施するために親のトレーニングも行っていること、3.5歳までに開始していること、の3点を挙げた。)を示す論文が散見された。
     オゾノフら(1998)<ASDに対して有効な療育プログラム共通する特徴>      1.構造化された行動療法的で教育的なアプローチをとっていること      2.プログラムを家庭でも実施するために親のトレーニングも行っていること      3.5歳までに開始していること
 つまり、応用行動分析(ABA)や構造化を中心として体系化されたプログラムに則り、家族と協働して,可能な限り早い時期から行なうべきだということになる。

スタッフ紹介(西澤さん):「地域に根ざし、明るく、楽しく、そしてポジティブに仕事する」人を増やしたい

イメージ
7日水曜日は西澤さんの誕生日でしたね。
西澤さんは、島で育ったのが特徴で、「ご両親が先生」という既成概念を
完全に否定してくれた人物です。

たすくの理念が好きです。
こう言ってぶれません。また、うちには珍しい?都会人ですので、
「歯に衣着せぬ」物言いは、私と良くマッチします。
つまりは、西澤さんの前では曲がったことを言わないし、
自分の全部をぶつける感じです。

そう言った意味で、アドバイスするなら、最近の男はなかなか難しいぞってことかな。
かといって曲げて欲しくないから、必ず最高の奴を紹介したいなと。😚

西澤さんは僕と20歳くらい歳が違うから、いずれはTASUCを仕切ってもらいたいですね。

・この仕事は女性がそもそも向いている
・結婚、出産、育児をしても続けられる
・どこに行っても教室があるし、教室を作れる

君みたいに地域に根ざし、明るく、楽しそうに、そしてポジティブに仕事する、
そんな人が、一人でも多くこの仕事に携わってくれると良いな。


スタッフ紹介(神崎さん):「社会に出て必要なのは、柔軟性(フレキシビリティ)」って教わったこと

イメージ
今日は神崎さん誕生日ですね。
神崎さんは、都内の出身で、海洋大学の大学院修了後、弊社に来ました。
アザラシの研究をしながら、環境教育に着眼され、普及を目指す中で、
発達障がいのある人たちに向けた特別支援教育と環境教育が、
どこかで繋がったんだと言っていました。(未だに僕は上手く説明できない(^Д^))

あれから、5年以上になりますが、
国立や豊橋の教室立ち上げの中心的存在を担ったり、
去年はリンゴンベリーのビジネスを立ち上げ、ショコラボの伊藤さんに師事したりして、
現在は、TRYFULLという、チャレンジドの専攻科を必死になって構築しています。
いわゆる多彩ですね。

彼女には、何でも頼めます。何でも言えます。
何でも相談できます。
そんなことが、柔軟性なんだと思います。
つまり、みんなにとって、大切な人です。

今度、神崎さんに会ってください。
会ったら直ぐに分かります。印象深いですから、きっと「柔軟性」って意味が、
実感できると思います。
僕も社会人に必要なのは,柔軟性だよって、そう思います。


「NHKスペシャル 発達障がい」〜やるだけやってみよう

やるだけやってみよう本日は、これから弁護士さんと正午まで、定期協議です。4.5月はどうしても退職者が出るのでその手続きをしなければなりません。これで、5人目でしょうか。財務っていう人たちをマイナビやリクナビの転職やエージェントをとおして、採用まではたどり着くのですが、数ヶ月です。「この会社の理念に賛同した!」「必ず変えて見せます!」なんて感じの4月1日のご挨拶。スタッフは勢揃いして拍手します。
 だいたいGWで見切りを付けて、来なくなってしまいます。色々言ってきますが、その人にとっては初めてでも、僕にとっては繰り返しなので、すでにパターンなんだなと認識しています。来なくなる人もいます。だいたい何方か亡くなるのをきっかけに、音信不通になります。退職願は何とか問い合わせて郵送です(それをもって社会保険事務所に行きます)。(そうそう、一年間働いたことにしてくれないか?失業手当が欲しいのです、という人もけっこういました。)
 つまり、「仕組みがない」所に、仕組みを作ろうって言う人は、なかなか出てきません。私も大学で週1教えてますが、仕組みの中で勝負して、勝ってきたのがエリートなんだとしたら、ルールがないとそもそも何にもしないし,できないよね、ってのが現実です。良く、学生さんの採用に困らないでしょう!と言われますが、4年間講義して、誰も入社していません。良い学生ばかりですから、本当に毎週教えるのは楽しいんですが、3月頃に連絡が来て、「○○です、就職したい!」って言われて、不安なんだろうな「内定」出すよと言って、3人だったか、内定を出したことがありましたが、見事に3人とも断ってきて「別の良いところが決まりましたので」と、いうメールです。

 だからこそ、経営者は人材育成にもっと熱心にならなければなりません。我が国のことを思い、世界平和を考えれば、「日本人」がまだまだできることがあると思うからです。
結局は教育というか、考え方を変えなければなりません。そういう意味では今日の日経新聞の一面は、中国の強さ、勢いを感じます。
本日午後から,東京物件の造作のための内見をします。若い人材になんかしなきゃなと思っています。

昨夜の「発達障がい」のNHKスペシャルを二度見した感想。神山さんが元気そうで何より。(まあ、それば良いか直ぐ会えそうだしな)
それから、ネットネタが多いな、3年前くらいに,良く講演会の…